ご挨拶 Greeting

蔦茂の歴史

100年有余年の伝統が紡ぐ、老舗料亭の味ともてなしの心 100年有余年の伝統が紡ぐ、老舗料亭の味ともてなしの心

大正2年(1913年)創業以来100有余年の歴史を紡いできた私たち。地元の名士に愛され、この地の食文化を華やかに彩ってきました。伝統に培われた蔦茂の味と、真心をこめたおもてなしの精神は着実に次代へと伝え、その上で新たな試みにも挑む姿勢を忘れずに、精進を重ねてまいります。

歴史 歴史

蔦茂の歴史は、大正2年に住吉町で興した割烹旅館から始まります。当時から中部の政財界人に愛され、トップの方々の宿泊施設として重用されるなど、順調に営業を続けてきました。ところが昭和20年の名古屋大空襲で全焼。その後、住吉町の同じ場所に黒塀の数寄屋造り本館を新築し、「料理旅館蔦茂」として開業。玄関ビルに日本座敷、ニシキゴイが泳ぐ庭や井戸、ビル屋上にゴルフ練習場を設けるなど、革新的な話題を振りまいてきました。さらなるお客様のニーズに応えるべく、平成22年にはジェイアール名古屋タカシマヤ店、セントラルキッチン丸の内店を開設。100年受け継がれた伝統の味わい、匠の技を生かしながらも、常に新たな挑戦を続け、この地の食文化を彩っています。

蔦茂の歴史一覧へ

おもてなし おもてなし

割烹旅館から蔦茂は、創業以来「おもてなし」の気持ちをとても大事にしてきました。人をお迎えし、一時の安らぎを供する場であること。真心をこめたお料理でもてなすこと。100年を超える営みの間、その基本を忘れたことはありません。新たに生まれ変わる蔦茂がめざすのは、五感で愉しむ口福と皆様の笑顔があふれる空間です。培ってきた伝統を、今の時代に寄り添うかたちで表現しながら、お客様に最高のおもてなしをご提供いたします。

おもてなし一覧へ

HOME
TOP